ホーム

入門者用ムービーメーカー2012解説(Movie Maker)

Wndows8.1/10のWindowsムービーメーカーを基本操作から 、
編集の仕方から家庭用DVDで視聴できるまで入門者でもわかるよう解説

ムービーメーカーはWindows8/8.1/10ともに、最初から入っていませんので、
自分でMicrosoftの公式ページからダウンロードする必要があります
ムービーメーカーのダウンロード

そのダウンロードしたファイルをクリックして ムービーメーカーをインストールします
Windows Essentialsの画面が表示されるので、そのまま進んで、表示された画面の
「Windows Essentialsをすべてインストール」を選択すれば、インストールが開始されます
それで、ムービーメーカーやフォトギャラリーなども 使用できるようになります

超重要補足

Windows Essentials 2012 スイートのサポートは 2017 年 1 月 10 日に終了しました。
現在はダウンロードすることはできません。

また、公式のMicrosoftが提供を終了してますので、その他から入手するのは、
悪質な迷惑ソフトなどが付随してないか、よほどの注意が必要です

その点、有料ソフトなら、windows10に正式対応して安心なので最良です
かんたん快速、PowerDirector 16/360種の初心者向けテンプレート搭載バージョン

Windows10での動作について

●windows10 でも、基本的にはムービーメーカー2012は動作します
しかし、前に述べたように、現在は、公式サイトからダウンロードできません

初心者さんの方は、ではなぜwindows10 で持っているのと?
答えは、
windows8/8.1の環境の時に、ダウンロードしてムービーメーカー2012を、
使用していた、その状態で、windows10にアップグレードした場合は、
そのまま、使用できているのです

※クリーンインストールすると消えてしまいます

ブログより、手元で開いて、基本操作を学びたいなら、本として解説本があります
windows ムービーメーカーの本

Windows8.1/10のムービーメーカー2012の注意点

■ムービーメーカーでは家庭用Blu-Rayレコーダーや一般家庭用DVDプレイヤーで
再生するためのDVD-Video形式にする機能はないので、作れません
有料かフリーソフトを使用してそこだけは作成するしかないです

★無料ソフトの場合は、英語を日本語化する作業などもありますが、
初心者さんでもそれほど難しくありません。
また、複数のソフトを使用する場合もあり、作業は手間ですが、
無料でできる利点があります。

●ただし、海外製の無料ソフトをインストールする際は
悪質な迷惑ソフト(ウイルスやマルウェア)が入らないように、超注意が必要です

過去記事では、そのあたりも詳しく丁寧に説明していますので参考にしてください。

初心者さんこそ、安心と安全と動作安定を考えれば、有料ソフトが最良です

簡単にソフト1本のみで動画編集とテレビで視聴できるDVDやBlu-Rayが作成でき
このソフト1本で全て作成できるので簡単です

最新記事2017年追加
Power2Go 11 Platinum

windows10 dvd ムービーメーカーの書き込み方法2017版

PowerProducer 6のやり方
最新記事2016年追加

AVCHDをDVDに簡単に焼くやり方PowerProducer6で手間いらず

ムービーメーカーのDVD焼き方初心者が簡単にできるオーサリング編

ムービーメーカーの動画をDVDに焼く安定で安全の有料ソフト(mp4をDVDに焼く)

PowerDirector14でのやり方以下

AVCHD動画をBlu-Rayに焼いてTVで見るやり方

動画をDVDディスクに書き込み

過去記事以下
簡単にPowerDirector13でmp4をブルーレイに焼いて家庭用BDレコーダーで再生する
PowerDirector13第2回目入門編

■簡単図解で説明ムービーメーカーの動画をDVDに焼く又はブルーレイに焼くやり方超初心者入門
■初心者さんのDVDコピーと動画DVD再生と家庭用DVDと音楽CD他さらにデータを
BD(Blu-ray)やDVDやCDに書き込み等のQ&Aまとめ2014年

■家庭用DVD作成が初心者でもPower2Go9で簡単にできる自動でMPEG-2にしてDVD-VIDEO形式にして書き込みまで手間いらず
■簡単にWindows8.1でDVD作成するその2無料ソフトでDVDに書き込み編

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする