DDV-Video形式について

Windows8/8.1のムービーメーカーの動画をDVDに書き込み

よくある質問に答えてみます以下参考に

DVDメーカーはWindows8.1では無いのですか?
Windows8/8.1の悩み疑問を簡単解決サイト
動画編集ソフト選びの簡単解説

DVD-Video形式について

家庭用DVD・一般レコーダーで再生・視聴するためには

■元の動画ファイルの拡張子WMV・AVI・mp4その他をMPEG-2に変換して、
DVD-VIDEO形式にする
ライティングソフトでUDF102で書き込みすれば、これではじめて家庭用DVDプレーヤーで、
再生・視聴できるようになります

★このDVD-VIDEO形式にするのをWindows7では、
「Windows DVDメーカー 」というソフトが、その作業してくれていたのです、
そしてUDFファイルシステムで書き込む作業までをしていました

★何度も説明しますが、Windows8.1にそのソフトがないので 有料か無料ソフトを、
使用するしかありません。
以下有料と無料の解説記事
無料フリーソフトなら「Freemake Video Converter」を使用するのが一番簡単です。
入門者でもすぐできます
本当に超初心者さんに、おすすめなのは下記有料ソフトの「Power2G10」です

超重要、初心者さん必読です

最新のバージョンのPower2Go 11では、大きく機能が変わりました

ここでは、その追加記事を補足しておきます以下
Windows10で解説していますが、Winodws8.1でも同じ操作でできます
一番の違いは、AVCHDとBDMVが作成可能になっています

Power2Go 11の使い方入門編

簡単にPower2Go11でmp4をDVDに焼いてテレビで見るやり方

mp4をブルーレイに焼いてテレビで視聴する焼き方Power2Go 11編

無料のPower2Go 11 Essentialと有料のPower2Go 11 Platinumとの違いを解説

無料ソフトの場合はうまくできないときは、自分で解決するしか手段がありませんが、
有料ソフトは取説やサポートがあります
家庭用DVD作成が初心者でもPower2Go9で簡単にできる自動でMPEG-2にしてDVD-VIDEO形式にして書き込みまで手間いらず
以下は無料ソフト
簡単にWindows8.1でDVD作成するその2無料ソフトでDVDに書き込み編
簡単すぎるmp4を家庭用DVD作成する「Freemake Video Converter」初心者でもできる
Windows8.1編第1回目

簡単に動画をPSP動画変換できる「Freemake Video Converter」初心者でもできる
Windows8.1編第2回目

簡単すぎるWMVを家庭用DVD作成する「Freemake Video Converter」初心者でもできる
Windows8.1編第3回目

ImgBurnで家庭用DVDでも視聴できる、動画ファイルISOを書き込みその2
★無料ソフトではもう1つ「DVD FLICK」もあります。
動画ファイル(ビデヲカメラ)を家庭用の一般DVDプレイヤーで見るためにDVDに書き込む
windows8.1編その1

■DVD-Video形式とは、DVDの中にVIDEO_TSとAUDIO_TSの フォルダがあります。
■ここで、重要なのが VIDEO_TSとAUDIO_TSを単にDVDにコピーして焼けば、
DVDになるのかと思うのは、大きな間違いです
この場合だと、DVDメディア中に、VIDEO_TSとAUDIO_TSというデータがあるだけで
家庭用DVDや一般レコーダーでは DVDとして認識できません。
つまり、UDF102で書き込まれて(ライティング)てはいないからです
■UDFファイルシステムにするためには、ライティングソフトで書き込み(ライティング)すれば、
できます。
ですので、フリーソフトなら安定性の高い、ImgBurnなどのライティングソフトが必要です
※注意、無理にImgBurnでなくても、使い慣れた、どのライティングソフトでもできます、
有料無料問わずこの UDFには出来ます

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする